疑問解決!はじめてのビジネスローン

TOP > ビジネスローンのプチ豆知識 > 公的機関よりビジネスローンの方が優れている点

公的機関よりビジネスローンの方が優れている点

会社を経営していると、資金調達のニーズが生じる事もあります。
設備投資などでお金が必要なので、資金を確保したいというニーズを抱えている企業も多いです。
資金を確保したいなら、公的機関に相談してみる選択肢があります。
市区町村に相談してみると、事業用のお金を借りる事もできるからです。
ただ公的機関からお金を借りるのは、簡単ではありません。
そもそもお金を借りる以上は、どうしても審査を受ける事になります。
公的機関で手続きを進める場合、指定の書類も提出しなければなりません。
その書類審査に通れば、お金を借りる事は可能です。
しかし書類審査のハードルは比較的高く、なかなかお金を借りられないという声もあります。
それよりは、ビジネスローンの方がおすすめという声も多いです。
ビジネスローンにも審査はありますが、手続きは比較的スムーズだからです。


ビジネスローンでお金を借りる場合、基本的には銀行に申し込みをする事になります。
銀行窓口で相談したり、WEBで申し込みをするケースが多いです。
銀行によっては、対面審査もあります。
そして上述の公的機関と同じく、銀行ローンを利用する時にも書類を提出しなければなりません。
代表者の本人確認書類を含めて、色々な書類を提出する事になります。
ただ銀行による書類審査は、公的機関ほど厳しくないという声も多いです。
確かに銀行でも審査を行いますが、比較的スムーズにお金を借りられるケースも多いです。
そもそも銀行と公的機関は、それぞれ審査の基準は異なります。
役所では審査がお断りになった方でも、ビジネスローンで申し込みをしてみたら、スムーズにお金を借りられたという話もよくあります。


またビジネスローンはスピードに関するメリットがあります。
そもそも公的機関から融資を受けるのは、少々時間がかかってしまうケースが多いです。
どれぐらい時間を要するかは状況次第ですが、場合によっては1ヶ月以上かかってしまう事もありますから、十分注意を要します。
お金を借りたい側からすると、それでは少々困ってしまうという声も多いです。
設備投資などでお金が必要な時は、スピードが求められる事もあります。
それに対してビジネスローンの場合は、比較的スピーディーにお金を借りられる訳です。
何日程度でお金を借りられるかは状況次第ですが、数日程度で入金されるケースもよくあります。
ですからスピーディーにお金を確保したい時は、公的機関というより銀行によるローンを検討してみると良いでしょう。

次の記事へ